読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーター@パンダ

童心を忘れたくない齢24のアニメ好きコミュ障どんだけブログ

アニメ『CLANNAD(クラナド)』で感動しすぎて、遊戯王のスリーブまでクラナドだった大学生時代の話。前編

f:id:yusai713:20170418231913p:plain

出典:https://www.flickr.com

 

今回は、感動アニメNo.1の呼び声が高いCLANNAD(クラナド)

大学3年生(デュエリスト)だった頃の僕のお話です。

 

 

CLANNAD(クラナド)とは

 

f:id:yusai713:20170423144333p:plain

 

 

 

ゲーム制作会社『Key』が制作した3作目の恋愛アドベンチャーゲーム、アニメ。または”人生”。
ある町を舞台にして起こる、主人公と、主人公が通う学園で出逢うヒロイン達との交流と成長の物語。学園編(全22話)、AFTER STORY(全22話)があり、AFTER STORYから感動の涙腺崩壊がはじまる。

 

原作は恋愛アドベンチャーゲームという名のギャルゲーなんですね。

 

クラナドは人生」と呼ばれるほどの感動的なストーリー展開。

 

僕の経験から言うと、

  • 1期の途中でマンネリ化しがちなので、そこは耐えてください。
  • 2期のアフターストーリーでほぼ確実に泣けます。
  • そのためにも1話も飛ばさずに観ることをお勧めします。

 

実を言うと、2回ほど序盤で観るのをやめたことがあります。

ですが、絶対最後まで観たほうがいいので、騙されたと思って最後まで観てください。

 

知らない方は一度、

"アニメ 感動"と検索すると

クラナドが上位を占めるランキングがずらりと並んでいますので、

一度検索してみてください。

 

僕の中では、

20年見続けたらんま1/2に並ぶくらい好きな作品です。

 

 

CLANNAD(クラナド)との出会い

 

実は僕、大学を2回休学していまして、

1回目は大学2年が終わった直後。

2回目は大学3年が終わった直後。

 

そんな感じで1年ごとに休んだりは出て、

休んだりは出てを繰り返していました。

 

クラナドとの出会いは休学1回目。

フィリピンの語学学校で滞在しているときでした。

 

最初に観た時の印象は、

なんか絵が女の子、女の子してて嫌だなー

キャラデザがオタク向けっぽいな

などのネガティブな印象しかなく、

途中で視聴をやめてしまったんですよね。

 

あの時の僕は、

クラナドの本当の良さに気づけていなかったのです。

 

 

シンガポール→タイでの陸路1人旅からのクラナド

 

とその前に、休学1年目のフィリピン歴を少し言っておくと、

 

2013年の3月にフィリピンの語学学校に行きまして、

その年の10月に友達と観光でフィリピンへ(1人旅もした)、

語学学校でインターンするためにまたフィリピンへ、

インターンの合間に1人旅からのクラナド、その後またフィリピンへ。

 

という風に、1年で4回もフィリピンに入国したんですよね。笑

 

1人旅は、シンガポールからタイまで。

期間は3週間。所持金6万弱。

タイからの帰りの便は先に取っていたので、

意地でもタイに行かないとって言う状況でした。

 

お金が無く、旅むりぽ状態だったのでカジノに行き、

少し勝ったからどうにかなった旅でしたね。

 

 

と、この話は長くなるので、脇に置いといて

 

クラナドを再び観たのは、タイのバンコクで。

マレーシアでめぞん一刻の素晴らしさに気づき、

アニメ熱が少し高かったんですよね、あの時は。

 

ゲストハウスに泊まり、

朝早く何のアニメを観ようか考えてると

フィリピンで断念したクラナドの存在が頭に浮かぶ。

 

有名アニメ『CLANNAD(クラナド)』。

口コミを見ると、泣けるだの、クラナドは人生だの

そういうレビューばっかり。

 

断念したけど、

その先に何かものすごいものが待っているんだろう

そういう思いでクラナドを見始めたんだよな。確か

 

 

ゲストハウスのパソコンで、真剣にクラナドを観る俺。笑

 

しかし、そこに1人の変人が近づく

それ、クラナドっすか?

 

後ろを振り返ると

30代ぐらいの男の人が1人で、こっちを見ている。

 

何か変な気分だったが、

はい、そうですよ」と返答し、

他愛もない雑談が始まった。

 

雑談の内容は覚えてないし省くが、

その人がいわゆるクスリの常習者で、

タイのどっかの島であったクスリ系のイベントがアツかった。

っていう話だけはよく覚えている。

 

・・・

皆さんお気づきだろうか。

私はこのおじさんのひぐちカッターにより、

クラナドの視聴を途中で断念させられてしまったことを。

 

これにより、2回目のクラナド視聴断念をしてしまったわけです。

 

 

そのあとは、

  • 合流した友達とタイで遊び
  • フィリピンに戻ってからは語学学校でインターンシップ
  • そのあとは知り合いのいる中国へ1人旅。
  • 27時間列車で香港行ったり、マカオでお金すったり。
  • 最後の最後で金欠過ぎて香港空港で一泊(25時間ぐらい)。

 

と、タイの後はわりかし忙しく

クラナドのことなんか頭になかったんですよね。

 

そんな僕がクラナドを再びならぬ、3つ度観ることになったのは、

大学に復学してからだったんです。

 

 

ーーーーー終ーーーーー

 

 

話が脱線しすぎて長くなったので、

記事を分割しようと思います。

 

後編(デュエリスト編)に続く。

広告を非表示にする